三重の注文住宅・ラピアスデザイン株式会社

の口コミ情報

地震の多い日本で安心して住める注文住宅を三重でお届け

日本での家づくりをする上で、最も重視されるのが地震などの災害に負けない耐久性です。その耐久性を実現するために日本で従来用いられてきた技術、そして新しく生まれた技術を掛け合わせた工法を取り入れています。

そして体に負担をかけずに安心して暮らすための断熱性や耐衝撃性、そして人間だけでなく地球環境にも優しい工法や素材を取り入れることを大切にしています。人間本位ではなく、長期的に見た環境からの観点で注文住宅の建築を行い、三重県内のお客様へ届けてまいります。

各長所が活きるHybrid工法での注文住宅を三重でお届け

日本で以前から広く行われてきた建築方法は、柱や梁、土台や筋交いなどを組み合わせて家を建てる在来軸組工法と呼ばれるものです。この工法は、建築における自由度は高いのですが、点と線で家を支える構造であるため、外部から強い力が加わったときの衝撃を各接合部が集中的に受け止めることになります。

一方、近年新しく生まれたのが木造枠組壁工法です。これは、2×4(ツーバイフォー)と呼ばれる2インチと4インチの枠材・合板を用いて、点や線ではなく大きな一つの「面」で家を支える方法であり、耐震性や耐風性に優れています。地震大国と呼ばれる日本での家づくりにおいては、強い耐久性は非常に重要です。古くからの技術を活かす在来軸組工法と新しい技術で生まれた木造枠組壁工法、この2つを融合するHybrid工法を取り入れ、お互いの長所は十分に活かし、短所は相互に補いながら家づくりをしています。

各部位に強さを施した安心安全の注文住宅を三重からお届け

2つの工法の長所を最大限活かし、短所を補い合うHybrid工法でつくる家は、点や線のみでなく面で家全体を支え、安心安全に住めるご家族の憩いの場となります。家を支える役割を担う面材にはnovopan STPⅡを用いています。木材のチップを加熱圧縮した板をパーティクルボードと言いますが、novopan STPⅡはそのパーティクルボードの一種です。家の耐久性を高めるには、木材におけるせん断性能が重要ですが、novopan STPⅡはこのせん断性能が非常に高いことが特長であり、衝撃を受けても割れにくい強さを持っています。

各部屋の床には剛床工法を用いて、より耐久性を高めています。剛床工法とは、床の下地に構造用の合板を重ねることで床の水平面のねじれを防ぐことができる方法です。用いる合板は一般的な板より厚みのある28mmのものを採用しており、強い床と強い壁により衝撃に強い家づくりを目指します。

人にも環境にも優しい注文住宅の建設に三重で尽力しています

家づくりにおいて、環境との共存や健康への気配りを心がけています。家をつくるにあたっては大変多くの木材を使用します。しかし、限りある木材を使用するにあたっては環境への配慮が必要です。建設時の木材として採用しているnopovan STPⅡは、使わなくなった木材製品や未使用の木材を破砕・チップ化して再生することで作られており、木材が廃材として燃やされることによる二酸化炭素の発生を防いでいます。そうしたエコな建材を使用することで環境に貢献したいという考えの下、家づくりをしています。

また、人の粘膜が刺激され、鼻水や咳が出たりのどが痛くなったりするシックハウス症候群を引き起こすホルムアルデヒドのリスクのない接着剤を使用し、安心して過ごせる家づくりにも配慮しています。住む人だけにではなく、環境や地球にも優しい方法で作った注文住宅を三重からお届けするため、今後もあらゆる可能性に取り組んでまいります。